上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ばくおん!!」舞台探訪(1) -函館編-

bakuon01.jpg


・北海道函館市

原作・アニメともに登場するのは3ヶ所。ただ後述の通り、水無海浜温泉だけは平成の大合併で同じ函館市になったとは言うものの結構距離がある。

bakuon01_map.jpg
「ばくおん!!」舞台探訪マップ

1)津軽海峡フェリー・函館ターミナル

bakuon-hakodate_01-0.jpg

来夢先輩を除くメンバーが降り立ったのがこの津軽海峡フェリーのフェリーターミナル。

位置的には4番乗り場になる。ただ下船したらそのまま進んで下さいという感じなので、乗り場の前にはアニメのようにバイクを停める事はちょっとむずかしいと思われ。

bakuon-hakodate_01-2.jpgbakuon-hakodate_01-4.jpg
bakuon-hakodate_01-6.jpgbakuon-hakodate_01-8.jpg

ちなみに、この特徴的な船型のは「びなす」と「ブルードルフィン(旧・ほるす)」だが、運航は今年いっぱいなので、そこら辺も含めて探訪したい人は注意されたし。


2)函館ゲストハウス(函館ライダーハウス ウィロビー)

フェリー下船後、宿泊したのがこのライダーハウス。函館市松川町にある。

bakuon-hakodate_02-2.jpg

最近隣にローソンができた。現在は函館ゲストハウスとなっているものの大きな変わりは無い模様。


・函館市恵山岬町(旧・椴法華村)

bakuon01-2_map.jpg
「ばくおん!!」舞台探訪マップ

3)水無海浜温泉

bakuon-hakodate_03-0.jpg

ライダーハウスのある函館市街地から東へ53km。旧椴法華村にある。

海岸線の道路は開通していないため(そもそも開通する気があるのか)、旧恵山町から国道を旧椴法華村に走り、そこから南下するしかアクセス方法はない。

海の中にある野趣あふれる露天風呂で、満潮になると海に沈み、干潮でも温泉の水位が下がりすぎて入れなかったりと一日で入れる時間が決まっており、年間の入浴可能時間が掲示されていたりする。(水無海浜温泉入浴可能時間のお知らせ)

bakuon-hakodate_03-2.jpgbakuon-hakodate_03-4.jpg
bakuon-hakodate_03-6.jpgbakuon-hakodate_03-8.jpg
bakuon-hakodate_03-10.jpgbakuon-hakodate_03-12.jpg
bakuon-hakodate_03-14.jpg

もちろん浴槽は一つしか無く混浴で難易度が高い。更衣室はあるが、男性陣は大体浴槽の所で脱いでいたりする。

まして「ばくおん!!」みたいに全裸で入浴している女性はおらず、女性は足湯が関の山。


ちなみに来夢先輩がバイクで立ってる岩は浴槽のある場所から更に100mほど先で、バイクはもちろん歩いても行けない所にある。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jishatanbou.blog.fc2.com/tb.php/271-14fca815
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。