上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「咲-Saki-」舞台探訪 島根県代表・粕渕高校編

2013年の春に敦賀から中国地方と九州を旅行してきたわけですが、途中、出雲大社に参拝した後、車のクラッチの調子がおかしくなり大田市の物部神社前で完全にクラッチが切れなくなりJAFを召喚して、2日間大田市に足止めを食らった事で、代車を借り石見銀山と『咲 -Saki-』に名前だけ登場する島根県代表校の粕渕高校があるという設定の美郷町に行くことにしました。


・邑智郡美郷町

『シノハユ』では島根県が舞台となっているけど、『咲 -saki-』では島根県代表として粕渕高校が全国大会に出場しています。

初戦で折渡第二(秋田)・新道寺女子(福岡)・堀米女子(栃木)と当たり初戦敗退となってしまいました。

そんな粕渕高校がある(設定な)のは島根県南部、広島県との県境の邑智郡美郷町にあり、国道375号線が通り、JR三江線の粕淵駅があります。

saki_shimane_kasubuchi_01.jpg

この美郷町は柿本人麻呂の終焉の地とされている湯抱温泉(ゆがかえおんせん)があり、県を越えると『朝霧の巫女』の舞台の広島県三次市になります。

元々、美郷町は邑智町(おおち)という名前で、この粕渕には邑智高校があったものの2009年に統廃合で無くなり、建物は現在は邑智中学校になっています。

ちなみに駅名の「粕淵」と地名の「粕渕」があるのは、元々は「淵」の表記が正しく、現在の「渕」は俗字であるとのこと。

夕方だったこともあって不審者扱いされそうな気もしたので学校には突撃せずに無難に粕淵駅の写真を撮ってきました。


より大きな地図で 「咲 -Saki-」舞台探訪マップ - 咲に登場しない学校など を表示

1)粕淵駅

JR粕淵駅はJR西日本の三江線の駅で、粕渕商工会の建物とニコイチになっていました。

saki_shimane_kasubuchi_02.jpgsaki_shimane_kasubuchi_03.jpg

駅の内部は観光案内所も兼ねているようで、粕渕の観光マップも置いてあったりしました。

saki_shimane_kasubuchi_04.jpgsaki_shimane_kasubuchi_05.jpg
saki_shimane_kasubuchi_06.jpgsaki_shimane_kasubuchi_07.jpg

ちなみに、粕淵駅は上り5本下り5本で非電化路線。ホームには待合室があります。

saki_shimane_kasubuchi_08.jpgsaki_shimane_kasubuchi_10.jpg

saki_shimane_kasubuchi_09.jpg

現在は単線ですが、昔は島式1面2線だったそうで、その名残はあります。

saki_shimane_kasubuchi_11.jpgsaki_shimane_kasubuchi_12.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jishatanbou.blog.fc2.com/tb.php/258-79ab07f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。