上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ハヤチネ!」舞台探訪 -台温泉編-


・花巻市台


より大きな地図で 「ハヤチネ!」舞台探訪マップ を表示

台温泉は花巻市街地の北西、花巻温泉郷の更に奥にあります。

「ハヤチネ!」3巻でも述べられている事ですが県道123号線が温泉街を一周して元の場所に戻ってくるという変わった地形をしています。

hayachine_dai-onsen_00.jpg

温泉街は分岐の左方向にあるのでルート順に紹介。


1)「炭屋 台の湯」

ちょうど台温泉入口のバス停からすぐ先にあるのが炭屋 台の湯。

3巻88ページの2コマ目に出てくる「台の宿」として登場します。

hayachine_dai-onsen_01.jpg


2)「滝の湯旅館」

台の湯のすぐ先の右側に、恐らくリリアン一行が宿泊している「ゆのたに旅館」のモデルとなっている「滝の湯旅館」があります。

少し奥まった坂の上に建っており、宿泊するわけでもなかったので撮影はしていません。(手持ち金がなくて立ち寄り湯もできなかった…)

次回機会があれば泊まりたいと思います。



3)「水上旅館・旅館 藤助屋」

少し進むと建物が少なくなり道路が右にカーブ、右側に台温泉の説明板があり、その先が再び旅館の建物が立ち並ぶ場所があります。

右側に水上旅館、左側に旅館 藤助屋があり、少し先で後ろを振り返ると88ページでリリアン達が温泉街を散歩している背景になります。

hayachine_dai-onsen_02-2.jpg

「ハヤチネ!」では水上旅館が長寿園、旅館 藤助屋が旅館 福乃屋として登場していました。


4)「松田屋旅館・旅館かねがや」

水上旅館・藤助屋の少し先、左側に松田屋旅館の看板があり、そこが79ページで登場する背景になります。

hayachine_dai-onsen_02-1.jpg

「ハヤチネ!」では松田屋旅館の看板の上が見切れた状態で「田屋旅館」として登場しています。

作中では右側に旅館の看板が見えますが、実際に行ってみると「かねがや旅館」の看板が辛うじて見えるかってくらい右奥にあります。

看板の場所や形状などは同じなので、かねがや旅館なのは間違いないと思います。


5)「台温泉神社」

その「かねがや旅館」の先にあるのが3巻89ページに登場する温泉神社。

hayachine_dai-onsen_04.jpg

伝説によれば大同年間(806年頃)に征夷大将軍・坂上田村麻呂の家臣が将軍に疲れを癒していただこうと台温泉に立ち寄って入浴する事を勧めて、入浴して疲れが取れ喜んだ将軍は、神社を修復し、仏像を作り神社に安置し祭典を行ったという伝説が残っています。

実際の史実としては元中4年(1387年)に猟師が温泉を発見したのが発祥だといわれています。

hayachine_dai-onsen_04-1.jpg

主祭神は大己貴命、配祀神として少名彦命を祀っています。

地元では薬師様とも呼ばれ、薬師神社と名前がつく神社は大抵大己貴命・少名彦命を祀っており、主に病気平癒や無病息災など医療関係の神として信仰されています。

やはり昔は湯治場だったんだなと感じる神社でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jishatanbou.blog.fc2.com/tb.php/253-99b9a134
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。