上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「朝霧の巫女」舞台探訪 -松江編-



『朝霧の巫女』8巻から9巻にかけて黄泉軍との攻防戦で境港、松江、出雲が登場するのですが、松江市街地では9巻の最初の方で激しい攻防戦が繰り広げられていました。


・島根県松江市


より大きな地図で 「朝霧の巫女」舞台探訪マップ - 出雲国編 を表示


松江市内の舞台に関しては特定できた場所はほぼ松江市街地に集中していました。

松江城に関しては少し松江駅から離れていますが歩ける距離なので観光しながらでも探訪しやすいかと思います。


下では松江城から順番に回れるように紹介しています。


1)「松江城」 (9巻P26,27)

柚子の体を借りたスサノオが松江城天守閣の屋根から、市街地に現れた八岐大蛇を眺めてるシーンで登場します。


「誰も彼もが孤独に打ち震え、命惜しさに死にもの狂いじゃな。」(P26)


「ここからだと、何もかもが手にとるように見える」(P26)


「特にあの蛇な、たいした業物よ。」(P27)

この後、スサノオが天守閣から飛び、毒をもって八岐大蛇を制御不能に陥れます。

ホント、おっさんの癖に女の子の身体借りてやりたい放題(性的な意味ではなく)とか役得じゃねぇか、畜生め!


2)「宍道湖大橋」 (9巻P14)

八岐大蛇が出雲の斐伊川から宍道湖を横断し、松江市街に上陸する際に宍道湖大橋から上陸しましたが、その際に宍道湖大橋は破壊されてしまいます。


「大蛇、宍道湖大橋ニ到達」(P14)

登場するのは大蛇に破壊されてるシーンなので、このアングルは参考程度に。



3)「松江大橋から宍道湖大橋」 (9巻P12)

上の宍道湖大橋のシーンの2ページ前。八岐大蛇が宍道湖大橋に到達します。


「間モナク宍道湖ヨリ上陸シマス」(P12)

このコマは松江大橋から撮影したカットになりますが、自分が撮影する時に、コマに橋の欄干が写り込んでいるのを知らず撮影したため本来のコマとは若干違うカットになっています。

次回また探訪出来れば撮り直したいと思います。



4)「松江中央水産物地方卸売市場」 (9巻P14)

9巻P14で宍道湖大橋に到達した八岐大蛇を「HITACHI」の看板の建物をなめてアオリで撮ってるコマがあるのですが、その建物がこの卸売市場です。



ここは全く変わりなく現在もHITACHIの看板がそのまま残っていました。

個人的に神社参拝も趣味なので建物の裏手にある売布神社に参拝して来ました。



5)「松江駅前」 (9巻P16)

駅自体は登場しませんが、駅南口のシャミネの看板がある所から撮影すると当該コマと同じカットで撮影出来ます。



本来、昼間のシーンですが、昼に撮った写真が見つからず、夜に撮影した物しか見つからなかったので一応代用。



6)「NTTドコモ島根ビル」 (9巻P34)

上の松江城のシーンの後、八岐大蛇が制御不能になって、NTTドコモの電波塔を倒すシーンで登場。





7)「イオン松江店」 (9巻P19)

松江駅の東側、山陰本線の高架沿いにイオン松江店があります。

朝霧では、大和の艦砲射撃が建物に直撃してるシーンで登場します。



本編ではもうちょっと左右広く写っていますがカメラがさほど広角ではなかったため見切れています。



8)「イオン松江店駐車場・山陰本線高架」 (9巻P19)

そのイオンの裏手に駐車場があって、兵士がバリケード積んで応戦してるシーンで、イオン駐車場の看板と山陰本線高架が出てきます。



本編では右側にイオン駐車場の看板が写り込んでいますが、現在は看板は撤去されている模様。




・松江市東出雲町

松江の南東にある東出雲町。合併で松江市に組み込まれましたが、松江市街の舞台からは離れているので分けて紹介。

東出雲町揖屋には神話で黄泉の国(あの世)への入口がある黄泉比良坂の伝承地があります。


より大きな地図で 「朝霧の巫女」舞台探訪マップ - 出雲国編 を表示


9)「揖夜神社」 (8巻P148-150,180,189)

黄泉軍の揖屋本陣が置かれていたのがこの揖夜神社。

スサノオの母であるイザナミが祭神。



「乱裁様 まどろんでおられるのか」(P148)

菊理の事を考えててボーッとしてる時に黄泉軍の武将一同に突っ込まれる乱裁。菊理ちゃん可愛いから仕方がない。



「御辺に主上のお召である」(P149)

参道入口右側に鎮座している狛犬です。若干撮影角度が左側にずれているかも。



「境を上がり夜見路庵へ」(P150)

実は、夜見路庵は創作ではなくて実際に揖夜神社にあったのにはびっくりしました。



駐車場の所にある坂を登ると戦没者慰霊碑とその先に本当に夜見路庵があるわけですが、



実際の夜見路庵は至って普通の東屋。朝霧の巫女では茶室風な建物になっていました。

揖夜神社にある夜見路庵も、この世とあの世をつなぐ「黄泉路(よみじ)」と掛けているのでしょう。


鳥居(P180)

最初の参道にある鳥居の別アングル。


社殿(P189)

揖夜神社を狙った大和の艦砲射撃が社殿を直撃したシーンで登場します。

社務所で御朱印を頂いた際にちらっと『朝霧の巫女』の名前は出しませんでしたが、漫画にも登場しているという話を少ししました。さすがに砲撃で木っ端微塵とは口が裂けても言えませんが…


10)「黄泉比良坂」 (登場しないが関連史跡として)

日本神話においてイザナギが死んだ妻のイザナミを追って黄泉の国へ旅立つ際に通った現世とあの世とを境がこの「黄泉比良坂」です。

普通に駐車場の目の前が黄泉比良坂とされている場所で、イメージ的にはもっと鬱蒼としてておどろおどろしい感じなのかと思っていたので若干拍子抜けしました。



『朝霧の巫女』で黄泉軍の本陣が揖屋に置かれたのも、この黄泉比良坂が揖屋の地にあることからでしょう。

その跡とされる場所に岩があるのですが、近代に入ってから違う場所から持ってきたものだそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jishatanbou.blog.fc2.com/tb.php/242-9c84c884
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。