上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「咲-Saki-」舞台探訪 島根県代表・粕渕高校編

2013年の春に敦賀から中国地方と九州を旅行してきたわけですが、途中、出雲大社に参拝した後、車のクラッチの調子がおかしくなり大田市の物部神社前で完全にクラッチが切れなくなりJAFを召喚して、2日間大田市に足止めを食らった事で、代車を借り石見銀山と『咲 -Saki-』に名前だけ登場する島根県代表校の粕渕高校があるという設定の美郷町に行くことにしました。


・邑智郡美郷町

『シノハユ』では島根県が舞台となっているけど、『咲 -saki-』では島根県代表として粕渕高校が全国大会に出場しています。

初戦で折渡第二(秋田)・新道寺女子(福岡)・堀米女子(栃木)と当たり初戦敗退となってしまいました。

そんな粕渕高校がある(設定な)のは島根県南部、広島県との県境の邑智郡美郷町にあり、国道375号線が通り、JR三江線の粕淵駅があります。

saki_shimane_kasubuchi_01.jpg

この美郷町は柿本人麻呂の終焉の地とされている湯抱温泉(ゆがかえおんせん)があり、県を越えると『朝霧の巫女』の舞台の広島県三次市になります。

元々、美郷町は邑智町(おおち)という名前で、この粕渕には邑智高校があったものの2009年に統廃合で無くなり、建物は現在は邑智中学校になっています。

ちなみに駅名の「粕淵」と地名の「粕渕」があるのは、元々は「淵」の表記が正しく、現在の「渕」は俗字であるとのこと。

夕方だったこともあって不審者扱いされそうな気もしたので学校には突撃せずに無難に粕淵駅の写真を撮ってきました。


より大きな地図で 「咲 -Saki-」舞台探訪マップ - 咲に登場しない学校など を表示

1)粕淵駅

JR粕淵駅はJR西日本の三江線の駅で、粕渕商工会の建物とニコイチになっていました。

saki_shimane_kasubuchi_02.jpgsaki_shimane_kasubuchi_03.jpg

駅の内部は観光案内所も兼ねているようで、粕渕の観光マップも置いてあったりしました。

saki_shimane_kasubuchi_04.jpgsaki_shimane_kasubuchi_05.jpg
saki_shimane_kasubuchi_06.jpgsaki_shimane_kasubuchi_07.jpg

ちなみに、粕淵駅は上り5本下り5本で非電化路線。ホームには待合室があります。

saki_shimane_kasubuchi_08.jpgsaki_shimane_kasubuchi_10.jpg

saki_shimane_kasubuchi_09.jpg

現在は単線ですが、昔は島式1面2線だったそうで、その名残はあります。

saki_shimane_kasubuchi_11.jpgsaki_shimane_kasubuchi_12.jpg


スポンサーサイト
「天体のメソッド」舞台探訪 -洞爺湖周辺-

2014年秋に公開予定の「天体のメソッド」のPVから舞台になっている札幌と洞爺湖周辺の中から、壮瞥町と洞爺湖町の舞台探訪をしてきました。PVや本編を含めスポットは随時追加していきます。








より大きな地図で 「天体のメソッド」舞台探訪マップ を表示


・壮瞥町

sobetsu-cho.jpg

洞爺湖の南東部に位置する壮瞥町。最近、『咲 -Saki-』の有珠山高校の回想シーンでも登場してきたりしていて洞爺湖周辺は今年アツい。

1)森と木の里センター

森と木の里センターには洞爺湖温泉街から道道2号線を東へ走ると、洞爺湖を周回する道道132号線との交差点を左折し少し走ると右手に壮瞥公園の看板があるので、そこを登り、途中の分岐(看板あり)を左に曲がってしばらく走ると「森と木の里センター」の看板があり、ここを登った先に「天体のメソッド」で登場する天文台があります。

sora_no_method_mori-to-kinosato-center-1.jpgsora_no_method_mori-to-kinosato-center-2.jpg

この森と木の里センターは利用するには役場に予約しておかないとダメで有料の施設(宿泊可能)でもあるため、もし内部を見たいのであれば事前準備が必要です。(訪れた時は駐車場までは行くことが出来ました。天文台も鍵がかかっています)

ちなみに、最初の分岐を曲がらずにそのまま登って行くと原作の『咲 -Saki-』の129局で登場した有珠山と昭和新山の風景になる壮瞥公園に着きます。
『咲 -Saki-』舞台探訪 有珠山高校編



・洞爺湖町

toyako-cho.jpg

有珠山の麓、洞爺湖温泉のある洞爺湖町。『咲』の有珠山高校がある所(という設定)でもあります。

2)遊覧船のりば

古宮乃々香と水坂柚季が芝生でぐったりしているのが、洞爺湖温泉の遊覧船のりば周辺。

sora_no_method_yuransen-noriba.jpgsora_no_method_yuransen-noriba2.jpg

場所としてはホテルグランドトーヤの裏側。ちなみに右側の白いのは電柱ではなく彫刻家・安田侃の「回生」という作品です。

sora_no_method_yuransen-noriba3.jpg


3)三豊トンネル

虻田から洞爺湖に抜ける旧・国道230号線が2000年の有珠山噴火で通行不可能になってしまったため、新たに西側に作られた国道230号線にあるトンネルがこの三豊トンネル。

sora_no_method_mitsutoyo-tunnel.jpgsora_no_method_mitsutoyo-tunnel2.jpg

洞爺湖周辺のトンネルはここくらいしか無いし、トンネルを出てすぐに洞爺湖が眼前に広がるので、表情から察するに間違いないかと。


4)サイロ展望台

椎原こはるが「看板娘」として働いている「しいはら本舗」の内部はサイロ展望台の売店内部です。

sora_no_method_silo-tenboudai.jpgsora_no_method_silo-tenboudai2.jpg

ちょうど画像の場所には「洞爺娘」などの洞爺湖グッズが並んでいます。

PVを見る限り外側は一致しないのですが、クマの剥製はあります。

ちなみに椎原こはるのキービジュアルの背景はサイロ展望台からの風景で、こちらも撮りにいかないといけない。

sora_no_method_silo-tenboudai3.jpg

あと外にあるバンビーナでは「アイスの天ぷら」が売ってます。本当にアイスを天ぷらにしててチョコレートソースがかかってるという…。これが結構美味しい。

sora_no_method_silo-tenboudai4.jpg



5)浮見堂公園

洞爺湖の北西部、旧洞爺村市街地近くの湖畔にある洞爺湖に突き出た小さな半島部分に聖徳太子像を祀ったお堂が浮見堂で、周辺が公園になっています。

sora_no_method_ukimidoh3.jpgsora_no_method_ukimidoh5.jpg

ちょうどキャンプをしてる人達や湖畔で小さい魚を捕まえてる子どもたちが遊んでいました。

訪れた時に各キャラクターのキービジュアルの存在を知らず、ポスターの背景だと思い込んでおり、他のキャラクターが登場した背景を訪れていなかったという…。

sora_no_method_ukimidoh2.jpg
↑こちらが水坂柚季のキービジュアルで使われた背景。

ちなみに夜はこんな感じでライトアップされています。

sora_no_method_ukimidoh4.jpg


あと現在探訪していない箇所が下記分です。

6)洞爺湖中島厳島神社 (ノエル・キービジュアル)
7)旧・町営温泉「やすらぎの家」 (戸川汐音・キービジュアル)
8)金比羅火口展望台 (古宮乃々香・キービジュアル)
9)ザ・ウィンザーホテル洞爺
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。