上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台探訪 -京都伏見以外- 



「いなり、こんこん、恋いろは。」の10話で登場した全国にある稲荷神社の数々です。

北から順番に紹介。



・北海道札幌市

1)「札幌伏見稲荷神社」

札幌市街の南西部の藻岩山の麓にあるのが札幌伏見稲荷神社。稲荷神社の北海道総本宮となっています。

明治17年(1884年)に当時は札幌神社だった北海道神宮の初代禰宜が京都の伏見稲荷を勧請したのが始まりで、明治40年(1907年)に現在地に鎮座。

札幌伏見稲荷神社について詳しくは別ブログにて。
札幌伏見稲荷神社

koi-iroha_01-02.jpg


より大きな地図で 「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台探訪マップ を表示




・岩手県紫波町

2)「志和古稲荷神社」

岩手県盛岡市の南隣にある紫波町にある稲荷神社。

すぐ近くには「志和稲荷神社」もあるので紛らわしいが、こちらは「古(ふる)」が付きます。

創建は平安時代の「前九年の役」の頃に、源頼義・義家が紫波町の陣ヶ岡に布陣した際に勧請されたものと言われています。

拝殿の前には洞爺丸台風(1954年)の時に倒れた御神木の杉の木の根元の洞から発見された眷属の狐のミイラが祀られています。

神社について詳しくは別ブログにて。
志和古稲荷神社

koi-iroha_02-02.jpg

10話の背景は鳥居や灯籠の位置、狐の位置など、どれか一つに合わせると何かがずれてしまうという状態だったため、とりあえず灯籠を基準に撮影しました。


より大きな地図で 「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台探訪マップ を表示




・島根県津和野町

3)「太鼓谷稲成神社」

中国地方の内陸、島根県と山口県の県境に位置する津和野町に鎮座するのが「太皷谷稲成神社」。

他の稲荷神社と違い社号が「稲成」なのが特徴。

創建は安永2年(1773年)、津和野城主の亀井矩貞公が京都の伏見稲荷大社より勧請したのが始まりです。

社殿は山の中腹にあり、境内は鉄筋コンクリート造で1階部分に駐車場からそのまま乗り入れられる車祓所、2階が拝殿と社務所のある境内という変わった構造をしています。

徒歩だと麓からつづら折りに千本鳥居が並んだ参道を登っていきます。

神社についての詳しくは別ブログにて。
太皷谷稲成神社

koi-iroha_03-02.jpg

太皷谷稲成神社には放送前に参拝していた関係で10話での背景と若干のズレがあります。


より大きな地図で 「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台探訪マップ を表示




・熊本県熊本市

4)「高橋稲荷神社」

熊本市街地の西部に鎮座する高橋稲荷神社。

室町時代の明応5年(1496年)に、熊本城初代城主・鹿子木親員が、高橋稲荷神社の裏山に上代城を築城した際に勧請したのが始まり。

平地と山の斜面に建てられている鉄筋コンクリート造の神社で、1階部分が城の石垣を模した構造、2階には神楽殿、3階に社殿と社務所という複雑な構造をしている。

高橋稲荷神社については別ブログにて。
高橋稲荷神社

koi-iroha_04-02.jpg

高橋稲荷神社も太皷谷稲成神社と同じく放送前に参拝していた関係で10話での背景と若干のズレがあります。


より大きな地図で 「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台探訪マップ を表示

各神社に放送前に参拝していて大体同じアングルを撮っていたので良かった…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。